平泉にある世界遺産

写真:陸前高田ドライビング・スクール

中尊寺金色堂の覆堂
Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by 竹麦魚(Searobin)

2011年6月、世界文化遺産に登録された、平泉(ひらいずみ)一帯にある5つの寺院や遺跡群で、東北の観光名所のひとつ。

岩手県南西部に位置する平泉地区は、東北新幹線一ノ関駅からのアクセスも良く、NHK大河ドラマ「平清盛」の影響もあって人気の観光スポット。地域一帯には、平安時代末期、奥州藤原氏が栄えた時代の寺院や遺跡群が多く残っている。「平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群―」として、世界遺産に登録されたのは、以下の5つ

  • 中尊寺(ちゅうそんじ):特別史跡
  • 毛越寺(もうつうじ):特別史跡・特別名勝
  • 観自在王院跡(かんじざいおういんあと):特別史跡・名勝
  • 無量光院跡(むりょうこういんあと):特別史跡
  • 金鶏山(きんけいさん):史跡

東北地方では初の世界文化遺産となった。