広田町

写真:広田町周辺地図

広田町は、陸前高田市の最南東に突出した広田半島の先に位置する町。観光業が主体の陸前高田市の中で、広田町は古くから漁業で生計を立てて来た町である。海と山が近く、どこを歩いても自然が豊で本当に美しい。半島南東1km沖合いにある「椿島」は、日本百景にも選ばれている景勝地。毎年春、数万羽のカモメがこの椿島に飛来するという。

2011年の東日本大震災では、半島中程の低い部分に、両側二つの海から津波が押し寄せた。積み上がった瓦礫によって交通手段が経たれたために3日間孤島となり、支援の遅れた地域である。

人口約3,500人程のこの町は、高齢化が進んで毎年人口が減少し続けており、あと数年で限界集落になると予想されている。