岩手県立 大船渡病院

写真:岩手県立 大船渡病院

岩手県立大船渡病院は、岩手県沿岸の南、気仙地区大船渡市にあり、大船渡市・陸前高田市・住田町の二市一町、気仙地区に住む約8万人の医療を担う、広域基幹病院。

489床の病床と、20科の診療機能、救命救急センターを擁し、災害拠点病院、地域がん診療連携拠点病院、地域周産母子医療センター、そして、管理型臨床研修病院として、この地域の医療を担っている。

2011年3月の震災では、被害が大きかった気仙医療圏にありながら、高台にあったため津波被害を免れた。