MAIYA(スーパーマイヤ)

写真:スーパーマイヤ高田店の店舗

株式会社マイヤは、岩手県大船渡市に本社を置き、岩手県沿岸南部を地盤とする、県内に16店を展開する地元スーパー。津波で本社を始めとする6店が店ごと流され、全半壊の被害を受けた。16名の従業員を亡くしながらも「品物を集めて販売するのがスーパーの使命」として、被災翌日から店頭販売や出張販売、仮設店舗での販売を続けた。2011年8月に陸前高田市竹駒町に仮設商業施設・滝の里店を、2012年3月米崎町にアップルロード店をオープン。

マイヤからお客様へのメッセージ 皆様には日頃のご愛顧大変ありがとうございます。あの3.11から丸2年が経ちます。犠牲になられた方々のご冥福と未だに1,000人を越える行方不明の方々のご帰宅をただただお祈りするばかりです。被災地は瓦礫が片づけられ、その跡には雑草が長く生い茂っております。また、多くの被災者の皆さんは交通も不便な高台の仮設住宅で息苦しい 暮らしを余儀なくされております。しかしながら、私どもはこの現実から逃げることはできず、希望を見出して力強く歩んでいかなければなりません。マイヤは三陸に生まれ育ったスーパーマーケットとして被災者の方々と一緒に喜びも悲しみも共に、そして三陸の方々の暮らしをより守り支えられる存在でありたいと願っております。マイヤは微力ではありますが、地元に密着し、力のかぎりに精一杯の心をこめて三陸の復興に努力を重ねて参りたいと思っております。 平成25年3月11日 株式会社 マイヤ 代表取締役社長 米谷 春夫

関連リンク