中田 源(なかた はじめ)

写真:陸前高田ドライビング・スクール

中田 源さんは、被災地の瓦礫を使って作るガレキーホルダー、「瓦Re:KEYHOLDER」を世に送り出したひと。アパレル業界で働いていたが、友人の被災をきっかけに退社し陸前高田に入った。ガレキ撤去などのボランティア活動を続けながら、地元で職を失ったお母さんたちや福祉作業所で働く障がいのある子供たちと一緒に「瓦Re:KEYHOLDER」の製作を開始する。

そのセンスと行動力を武器に、被災の記憶を風化させて欲しくない、と勢力的に活動を続けている。活動拠点の「オトモハウス」には「ゲンさん」こと中田さん、相棒の「ゾエ」こと谷沿さんはじめ、ボランティアスタッフたちに会いに全国から人が訪れる。

関連リンク