谷沿 裕紀(たにぞえ ひろき)

tzlog(ティジログ)代表

北海道幕別町出身。学生時代は道内ランキングに名前があがる程の卓球選手で「ブイブイ言わせていた(本人談)」が、JR北海道に入社し、社会人選手となってから腰を痛めて、選手人生を終える。JR退社後、バーテン、ゴルフ場の整備やスキー場のツアーガイドなど、アルバイトの経験は数えきれない程。2012年3月、震災後の日本人が見たくなり、屋久島から北海道まで、ノープラン行き当たりばったりのビンボー旅行に出る。旅の最後に訪れたのが陸前高田だった。

友人の中田 源さんが始めた復興支援プロジェクト『瓦Re:KEYHOLDER』への参加を決意、陸前高田での生活が始まる。所持金無し、想いと身体ひとつとで被災地に飛び込みながらも、持ち前の逞しさで、アルバイトなどを見つけながら自分で生計を立て、『瓦 Re:KEYHOLDER』の活動を続けた。地域とのつながりを紡ぐ毎日の中、行きつけのカフェで、リンゴ農家の青年後継者たちと出会い、売れないリンゴを使って「リンゴビール」を造ること思いつく。

2013年5月 事業の本格運営に向けて tzlog(ティジログ)を開業